ちょっと中国が気になる

中国は良いところ、凄いところ、変なところがいっぱいです。 そんな中国のことに興味を持ち、自分で経験したことや調べたことを書くために開設したブログです。

北京ひとり旅 4泊5日 5日目 ~vol.2 帰国の途に就く~

地下鉄で空港へ

f:id:zhangge:20181208075502j:plain

市街地⇔空港の移動は行きと同様に地下鉄空港線を利用しました。
空港での出国手続きに時間がかかることも想定し、時間に余裕を持って向かいます。
東直門駅から乗車しましたが、地下鉄の車内はあまり混んでいませんでした。

 

f:id:zhangge:20181208080223j:plain

11:48に第3ターミナル駅に到着しました。
降車用のホームですが、とても広々としています。

 

f:id:zhangge:20181208080931j:plain

地下鉄の改札を出たところです。出发 Chūfā は4階です。
人の流れに付いて行くだけでも問題ありません。

 

北京首都国際空港に到着

f:id:zhangge:20181208081654j:plain

11:53頃、北京首都国際空港に到着しました。
搭乗便は14:30発なので、十分な時間的余裕を持っての到着です。
これで乗り遅れの心配は無くなりました。

帰りも全日空便で、チェックインカウンターDを目指します(写真右方向)。

 

f:id:zhangge:20181208084135j:plain

と、その前に、旅客服务中心 lǚkè fùwù zhōngxīn で写真を撮っておきます。
やはりこの空港を拠点にしている中国国際航空Air China)の便が多いです。

 

f:id:zhangge:20181208090437j:plain

11:57に、全日空の搭乗手続きカウンターに着きました。
私が搭乗するNH980便の受付は12:00開始ですが、既に長い列ができていました。
ただ、私はオンラインチェックインをしておりスーツケースを預けるだけなので、時間的にだいぶ得をすることになります。
(次の写真で解説します)

 

f:id:zhangge:20181208091111j:plain

カウンターの区分は次のようになっていました。
写真の右手から
 D26-27 エコノミークラスのチェックインカウンター
 D28-29 手荷物カウンター(オンラインチェックイン用)
 D30-32 ビジネスクラスのチェックインカウンター
 (※D32は車椅子の人優先)

多くの人はD26-27のカウンターを目指して列を作っています。
D28-29の手荷物カウンターは、写真ではD29,30の前が列の先頭になりますが、たった2人しかいません。
私は2分くらい並んでD28カウンターで手荷物を預け、その後にこの写真を撮りました(写真のタイムスタンプは12:04でした)。
写真手前の赤と黒のチェックのシャツの男性は、一つ前の写真にも写っていた人ですが、ほとんど進んでいませんでした。

オンラインチェックインは、このようにメリットが大きいので利用した方がいいと思います。
また、手荷物カウンターの列をうまく見つけることも重要です。

 

f:id:zhangge:20181208235242j:plain

途中、スタバで自分のお土産用にマグカップを購入しました。
You Are Here Collectionの成都バージョンを買いました。
パンダ( 熊猫 xióngmāo )のイラストが良い感じなので欲しかったのですが、空港ということもあり「もしかしたら他の都市のカップもあるかな?」と思いました。
お店の人に「有没有成都?」と聞いたら、マグカップの箱を片っ端から開けて見つけてくれました。

その後、ターミナル3Cの4階から無人シャトルのある2階へエスカレーターで降りました。

 

f:id:zhangge:20181209000516j:plain

無人シャトルでターミナル3Eの区域に移動してからは、出国審査・保安検査がありました。
モバイルバッテリーはしっかり見られましたが、その他は特に変わったことはありませんでした。

出発便の搭乗ゲートの案内板の前に着いたのは、12:50でした。
右手には、建物内ですが、噴水がありました。

 

f:id:zhangge:20181209002814j:plain

搭乗ゲートはウイングの一番奥のE24でしたが、時間があり過ぎて難なく到着しました。
この後、1時間以上も時間を持て余すことになります。

 

f:id:zhangge:20181209003052j:plain

搭乗口の近くに和風の待合スペースがありました。
ただ、人はほとんどいません。

 

f:id:zhangge:20181209003810j:plain

滑走路が近かったので、離発着する飛行機を見て過ごしました。
これは結構楽しくて、動画を撮ったりして時間を潰すことができました。

奥に見えるのは、国内線で使用するターミナル2だと思います。

 

f:id:zhangge:20181209004040j:plain

この後に乗る飛行機(全日空便)です。

 

いよいよ北京とお別れ

f:id:zhangge:20181209004750j:plain

確か、搭乗案内は定刻より少し早かったと思います。
機体や運行状況にトラブルも無く、ボーディングブリッジを通って機内に入ります。

 

f:id:zhangge:20181209005044j:plain

14:20分頃に乗降用のドアが閉まり、飛行機が動き出しました。
駐機している中国国際航空の機材の中に、カラフルなペイントが施されたものがありました。
他の航空会社の機材もそうですが、機体へのペイントは結構自由な感じがします。

ゲートから離れていく時に、整備の人たちが手を振ってくれたのが印象的でした。

 

f:id:zhangge:20181209010350j:plain

機内食を食べた後は、座席のモニターを見て暇つぶしです。

 

f:id:zhangge:20181209010435j:plain

うっすら夕焼けっぽい空を航行します。
雲を眼下に見る景色は飛行機特有です。

 

無事に帰国

f:id:zhangge:20181209011634j:plain

18:10頃、関西国際空港に着陸しました。
大阪は当日曇りでした。
一応、無事に帰国できてほっとしました。

 

f:id:zhangge:20181209011828j:plain

空港内のことはよく分かっている関空ですが、結局人の流れについて行く形になりました。

 

f:id:zhangge:20181209011941j:plain

到着時刻は定刻より5分早い18:15でした。

 

f:id:zhangge:20181209012230j:plain

空港を後にする前に、551蓬莱が営業中だったので、夕食用に買って帰りました。
「日本に帰っても中華料理かい!」というオチがついたところで今回の旅行は終了です。

 

旅行を振り返って

旅行についての評価

事前に予約していたのは飛行機とホテルだけで、現地での行動は完全に自由でした。
途中大きなトラブルもなく、日本にいる家族・知人の助けを借りることもなく、自分の力だけで旅行できて良かったと思っています。
また、そのことは次回中国を旅行する上での自信にもなりました。

 

中国の印象について

行く前よりももっと良くなりました。
国同士の関係においては難しい部分がありますが、現地の人と関わる上で嫌な思いをしたことはありませんでした。
むしろ、お店の人たちに親切にしてもらったので、印象が自然と良くなりました。

 

理解できないこと

赤信号でも進んでしまうこと、1日に1度くらい道を尋ねられること(中国人と思われることが多いのでしょうか…)

 

私の拙い旅行記を読んで下さり、ありがとうございました。
旅行記以外の内容も今後投稿していきます。

北京ひとり旅 4泊5日 5日目 ~vol.1 最後の朝~

ホテルをチェックアウト

起床は7:30頃でした。
この日の午後の飛行機で日本に帰ることになります。
北京滞在中は、ずっと同じホテルに宿泊したため荷物の整理が甘く、ぐちゃぐちゃになっていました。

スーツケースに収まるよう、整理して詰め込みます。

荷物を整理する間、テレビは中国中央電視台中国中央电视台 Zhōngguó zhōngyāng diànshìtái )をつけていました。
毎朝そうだったのですが、朝の天気予報がとても長いことに驚きました。
中国各地の天気予報を簡潔に言うものの、都市が多すぎて時間がかかる点が印象的でした。
寒い都市もあれば暖かい都市もあり、こんなに広い国なら都市ごとに雰囲気も違うんだろうなと思いました。

続きを読む

北京ひとり旅 4泊5日 4日目 ~vol.3 夕暮れの朝陽公園~

藍色港湾(SOLANA)へ

f:id:zhangge:20181201141635j:plain

朝陽公園へ行こうと思いつつ、日が傾いてきたので、17:05頃に朝陽公園近くのショッピングモール(藍色港湾(SOLANA))に行きました。
地下鉄14号線 枣营 Zǎoyíng 駅からMobikeで3分ほどで到着しました。

続きを読む

北京ひとり旅 4泊5日 4日目 ~vol.2 崇文門→王府井→南鑼鼓巷~

崇文門の新世界百貨へ

f:id:zhangge:20181128213048j:plain

11:25頃、天壇公園の南門付近からMobikeで移動しました。
20分ほどかけて崇文門へやってきました。
1日目の晩にも来た新世界百貨に立ち寄ります。

11:50頃に崇文門外大街に面したマクドナルドに入ると、店内は人で溢れかえっていました。
しばらく席を探していたところ、幸運にも2人がけのテーブルが空いたので座ることができましたが、厚かましい人との相席になるだろうなという予感がありました。
ただ、やってきたのは大学生くらいの女性で「ここに座ってもいいですか?(←推測)」と確認してから座ろうとしたのが好印象でした。

続きを読む

北京ひとり旅 4泊5日 4日目 ~vol.1 晴天の天壇公園を歩く~

朝食はパイナップルパン

f:id:zhangge:20181127202026j:plain

4日目は7:30頃の起床でした。
この日は、計画段階から疲労を考慮して、遅めのスケジュールにしていました。
朝食は、2日目の晩に前門大街から帰る時に立ち寄ったセブンイレブンで買ったパンを部屋で食べることにしました。

日本でいうメロンパンが中国ではパイナップルパン( 菠萝包 bōluóbāo )であることは、実は知っていたので驚きは無かったです。
味もメロンパンとほとんど同じで美味しかったです。
インスタントコーヒーとの軽い食事を済ませて、行動を開始します。

続きを読む

北京ひとり旅 4泊5日 3日目 ~vol.6 夜の什刹海~

什刹海へ行く

北京の観光名所として有名な什刹海( 什刹海 Shíchàhǎi )へ向かいます。
この日の観光の仕方は極めて非効率になってしまいました。
移動の効率を考えると、次の日に行く予定だった朝陽公園( 朝阳公园 Chāoyáng Gōngyuán )に行くべきでした。
あるいは、什刹海→南鑼鼓巷→三里屯と移動するべきでした。
まぁ行きあたりばったりの旅行なので仕方ないです。

続きを読む

北京ひとり旅 4泊5日 3日目 ~vol.5 南鑼鼓巷、三里屯をぶらぶらする~

Mobikeに乗って、南鑼鼓巷へ

f:id:zhangge:20181123073336j:plain

11:30頃、景山公園東門付近でMobikeを発見。
近くに地下鉄の駅は無さそうなので、それに乗って南鑼鼓巷( 南锣鼓巷 Nán luógǔxiàng )へ向かいます。
約2kmを8分ほどかけて移動しました。今回も16円。

続きを読む